VIO脱毛をするのメリットとは?

欧米ではもはや常識となっている「VIOライン脱毛」ですが、日本人女性の中ではまだまだ馴染みが無い方も多いのではないでしょうか?

そこで改めて説明をしますと、Vラインは恥骨部分に生えている三角形部分のムダ毛のことです。大半の女性は処理をしないままでいると、下着からムダ毛がはみ出してしまっています。

Iラインは女性器周辺に生えているムダ毛のことで、この周辺にムダ毛があることで、生理中に性器周辺が蒸れてしまい、ただれたりニオイや雑菌が繁殖する原因になっています。

Oラインはお尻の肛門部分に生えているムダ毛のことで、あることの方が不自然な部分でもあります。
特にこの部分に生えている必要もないですし、失くしてしまえばすっきりする部分でもありますが、他人に見せる機会も少ないです。

vio脱毛サロンの口コミもチェックしてみることをおすすめします。

VIOラインを脱毛する上で一番のメリットは、やはり生理中に起こることが多い蒸れによるただれやかゆみが軽減されること、Vライン脱毛はカミソリなどで除毛をすると、皮膚が薄いので肌を傷つけてしまう恐れもありますので、脱毛をしておけば日常生活も快適ですし、水着などを着る機会があっても焦ることがなくなります。

子供脱毛をするときに気をつけること

子供の毛が濃くなってきたり、モデルにあこがれてムダ毛のないツルツルな肌になりたいと思っている子供が増えてきています。このような需要にこたえて、子供でも脱毛が受けられるエステサロンが登場しています。親子で一緒に通えるプランも用意されています。

子供が自ら脱毛をしたいといってきたら注意が必要です。肌のケアと心のケアが必要です。なぜ脱毛したいのか、学校で何かあったのかなど、子供の話をよく聞いてあげましょう。

子供 脱毛

いじめが原因で脱毛をしたいという子供もいます。毛が濃いことやふさふさだといじめられるのです。いじめが原因の場合は、学校への相談も必要です。
脱毛することでいじめが起こることも考えられます。「あいつ、脱毛なんかしてる」「毛がない」などの理由でからかわれてしまうことも考えましょう。

脱毛後は保湿をしたり、日に焼けないように気をつけましょう。子供は外で活発に遊ぶので、脱毛後の日焼け対策はしっかり行いましょう。
子供脱毛を行うときは、大人以上に注意してあげてください。

脱毛クリームを試してみた結果は

私はカミソリでむだ毛を剃る方法をしていましたが、肌に負担がかかるかなと思い、以前から気になっていた脱毛クリームを使ってみました。クリームを塗って脱毛を試してみましたが、クリームの臭いが気になりましたし、何よりもあまり毛が抜けませんでした。

個人差があるかと思いますが、毛が残るのであれば他の方法と併用しなければなりませんし、二度手間かなと思いました。効果が強いクリームになると肌への負担も増えると思いますし、私にはカミソリの方が向いていると思いました。

しかしカミソリを使うと、肌が赤くなったりすることもあり、自宅で手入れするのはなかなか難しいとも思っています。ずっと処理は続けていかなければいけないので、家庭用脱毛器を試してみるなど新たな方法を探してみたいと思います。